• 少数転移(オリゴメタスタシス)

少数転移(オリゴメタスタシス)

少数個の転移のみ存在する状態です。
頻度は高まり、治療成績は向上しています。
大腸がんや骨肉腫では、積極的に転移病巣の局所治療が行われます。
2012年以降少数転移(オリゴメタスタシス)に対する体幹部定位放射線治療の当院での制御率は100%です。

目次

わたしたちの治療方針