• 照射技術

VMAT(Volumetric Modulated Arc Therapy, 強度変調回転放射線治療, RapidArc)

VMAT(強度変調回転放射線治療)は医師が頭に描いた理想の放射線のあて方をコンピュータ上でシミュレーション(再現)して照射する技術です。この技術を活用することで、例えば、腫瘍にはたくさんの放射線を集中的に照射して治療効果の向上を図りつつ、すぐ近くにある正常臓器の放射線量はできるだけ少なくして副作用を抑えることができます。できることが多い分、治療のポリシーや治療計画者の技量によって、治療の質に差が出やすいことも特徴の1つです。当院では、保険適応*のあるほぼすべての患者さんにVMAT(強度変調回転放射線治療)を行っています。

*強度変調回転放射線治療の保険適応:「限局性固形悪性腫瘍」とされ、がんの存在範囲が限局していれば、臓器は問いません。
当院では、どこの臓器でも限局性の固形悪性腫瘍に対してはほぼ全例にVMATを行っています。

IGRT(Image Guided Radiation Therapy, 画像誘導放射線治療)

VMAT(強度変調回転放射線治療)で描いた理想の放射線のあて方通りに正確に患者さんに照射するための、いわば狙いを定める照射技術です。放射線をあてたい部分は身体の中にあるため、直接目で見ながら照射をすることはできません。照射位置を決めるのに皮膚に書いた印(マーク)を頼りにしている施設もありますが、皮膚の線と体の中の腫瘍の位置関係は必ずしも常に一致しないため、正確な照射とは言えません。当院では毎回の治療直前や治療途中にCTやレントゲン写真に類似した画像を撮影し、腫瘍と周囲臓器の位置関係を可能な限り治療計画時に合わせて照射をしています。

放射線治療医の思うこと

VMAT(強度変調回転放射線治療)とIGRT(画像誘導放射線治療)で個々の患者さんに最善の治療が高精度に行えるようになりました。できることが多くなった分、治療の質は病院間で均質にならず、むしろ医師・物理士・技師の考え方や技量・経験によって大きな差が生じ得ると感じています。高価なパソコンを買っても良い仕事ができるとは限らないのと同様に、放射線治療においても、科学技術が進歩するほど、治療に携わる医療者の腕に依る要素が増えます。そう考えて、日々知識や技術を磨いています。
YouTube 2017年12月市民公開講座「わかりやすいがん放射線治療」

わたしたちの治療方針