呼吸器病センター

呼吸器病センター

午前 佐伯 典之(予約)
栗林 英彦
成田 篤哉(予約)
榎本 達治
林 伸充
栗林 英彦 佐伯 典之(予約)
榎本 達治(予約)
林 伸充
井上 真理
佐伯 典之(予約)
岡田 徹
榎本 達治(予約)
成田 篤哉
午後 榎本 達治(予約)
林 伸充
栗林 英彦 成田 篤哉 栗林 英彦 交代制

受付時間:午前8:30〜11:30 / 午後1:30〜4:30
※予約優先の為、予約外での再診は希望に添えない事があります。尚、お時間もかかりますのでご了承ください。

呼吸器病センターの詳細はこちら

呼吸器系の病気ならおまかせください。
内科・外科の垣根を越えて治療します。

一言で呼吸器疾患といっても、肺がん、縦隔腫瘍、中皮腫といった腫瘍性疾患、近年喫煙関連で話題の多いCOPD、気管支喘息などのアレルギー疾患、間質性肺炎・肺線維症などのびまん性肺疾患、感冒・肺炎・結核などの感染性疾患、気胸・胸膜炎などの胸膜疾患などと幅広く、その治療方法も、薬物治療から、外科手術、放射線治療など多岐にわたっています。

当院では、呼吸器内科と呼吸器外科を統合し、呼吸器病センターとして、緊密な連携で治療を行っています。医師も増員し、皆様に最善の治療を提供できるように努めています。

内科と外科の医師が力を合わせて、
肺がんをはじめ、あらゆる呼吸器疾患を治療します。

例えば肺がんの患者さんの治療は、手術したほうが良い場合もあれば、抗がん剤で治療したほうが良い場合、ピンポイント治療(定位放射線療法)などの放射線治療をしたほうが良い場合、またそれらを併用したほうが良い場合など様々です。また途中で方針を再検討したほうが良くなる場合もあります。内科医と外科医に垣根があっては、患者さんにとって最適な治療はできません。

当院の呼吸器病センターは内科医と外科医が一緒に協力して治療にあたります。また、入院患者さんに対しては週に5回全員で回診し、常に最適な治療が行われているかの意見交換をしています。
さらに放射線治療センターとも、週に1度合同のカンファレンスにて常に患者さんの情報を共有して、最善の治療を提供します。

気管支鏡検査のエキスパートがいるので、
安心して検査・治療を受けていただけます。

呼吸器の病気を診断するときに、気管支鏡を使った検査が必要になることがあります。怖い検査、苦しい検査と心配をされている患者さんも多いと思います。

当院では、気管支鏡指導医資格をもった医師2名が常勤しており、検査の時は必ずその指導医資格をもった医師が立ち会い、安心して検査を受けていただける体制をとっています。
そのため当院は日本呼吸器内視鏡学会認定施設に認定されています。この認定を受けているのは、神奈川県で30施設、鎌倉市内では当院だけです(2017年6月現在)。

小さな腫瘍も確実に診断する
独自の診断機器を駆使しています。

当センターでは、気管支鏡診断にIVR-CTという機器を使用しています。この機器は本来、肝臓の治療に用いるものですが、これを気管支鏡に用いることで、診断精度を上げることに努めています。これまで2cm以下の病変に対する気管支鏡による診断率は低いとされていましたが、明らかに改善し、また安全性も向上しました。
また、局所麻酔下胸腔鏡検査ができるのも当センターの特徴です。この検査は胸水がたまった人の確定診断には非常に有効です。

慢性の呼吸不全や、間質性肺炎、肺高血圧症
などに有効な特殊な機器を備えています。

当院には陽・陰圧体外式人工呼吸器(RTXレスピレータ)を備えています。呼吸不全の患者さんに対して、管を入れたり気管を切開したりすることなく、生理的な呼吸様式に近い呼吸ができるため、患者さんの体を必要以上に傷つけず、生活の質も向上します。近隣の病院でもこの機器を導入しているところはまだあまりありません。
また、この機器は慢性の呼吸不全、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、間質性肺炎などの二次的な肺高血圧症や原発性の肺高血圧症でも有効なことが知られています。

専門の療法士が
呼吸器のリハビリも行ないます。

もともと肺はふくらんだ風船のようにきれいなものです。しかし慢性的に分泌物が貯留するようになると、しぼんだ風船のようにブヨブヨになり、咳や痰が続き、息が苦しくなってきます。こうした患者さんには、禁煙をすすめ、薬による治療を行ないますが、そのままでは息が苦しくなり、体も弱まり、寝たきりになってしまうことも。それを防ぐために、当センターでは、院内のリハビリテーション科と協力して、呼吸リハビリテーションを行なっています。

リハビリは楽なものではありませんが、当院には呼吸療法認定士が常勤していますので安心して呼吸リハビリテーションを受けていただけます。これを受けていただくことで、息が切れずに歩けるようになったり、無理だと思っていた階段が昇れたなど、生活の質が向上したと大変喜ばれています。
退院後は、在宅でもきちんと治療やリハビリが続けられるような体制を備えています。

担当医師

「正しい診断に基づいた正しい治療」がモットーです。一層、研鑽を積み、当地域における呼吸器病の治療に貢献します。」

佐伯 典之
呼吸器病センター長

● 専門分野/ 一般外科

・1988年 東京医科歯科大学医学部卒
・日本外科学会終身認定医・専門医
・日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医

「診療科同士の垣根の低さが大船中央病院の特長です。このことは絶対患者さんのためになると思います。」

榎本 達治
副院長 兼 内科系代表補佐 兼 呼吸器病センター副センター長 兼 呼吸器内科科長

● 専門分野/ 呼吸器内科

・1990年 日本医科大学医学部卒
・日本内科学会総合内科専門医
・日本呼吸器学会専門医・指導医
・日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター
・横浜市立大学臨床教授

栗林 英彦

● 専門分野/ 呼吸器内科、肺がんの集学的治療

・2000年 日本医科大学医学部卒
・日本内科学会認定内科医
・日本呼吸器学会専門医・指導医
・日本臨床腫瘍学会暫定指導医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医

林 伸充

● 専門分野/ 呼吸器内科、肺がん、内視鏡、呼吸器全般

・2006年 東海大学医学部卒
・日本内科学会認定内科医
・神奈川県難病指定医

・神奈川県単位型 緩和ケア研修会認定医

成田 篤哉

● 専門分野/ 呼吸器内科、喘息、COPD、アレルギー

・2013年 埼玉医科大学医学部卒
・日本内科学会認定内科医

井上 真理

● 専門分野/ 呼吸器内科一般

・2015年 昭和大学医学部卒

〈その他の担当医〉

金子 猛(非常勤)

岡田 徹(非常勤)

鈴木 浩介(非常勤)

大船中央病院ご案内

大船中央病院

Tel: 0467-45-2111

予約変更専用ダイヤル

Tel: 0467-50-0311