光学診療部
(内視鏡)

光学診療部(内視鏡)

午前 白井 真如紀
森川 吉英
森川 吉英
原 真太郎
上野 文昭(予約)
梅沢 翔太郎
鍋田 陽昭
吉田 篤史
梅沢 翔太郎
遠藤 豊
森川 吉英
交代制
黒木 優一郎
午後 遠藤 豊
白井 真如紀
鍋田 陽昭
原 真太郎
上野 文昭(予約)
吉田 篤史
鍋田 陽昭
吉田 篤史
梅沢 翔太郎
原 真太郎
白井 真如紀
小山 雅章
淺井 聖子(第3木曜のみ)
遠藤 豊
森川 吉英
梅沢 翔太郎

受付時間:午前9:00〜11:30 / 午後1:30〜4:30
※ 予約制となっておりますので電話にてご確認ください。

光学診療部(内視鏡)の詳細はこちら

患者さんに親しまれ、信頼される、
苦痛のない内視鏡診断・治療を提供しています!

光学診療部は内視鏡(いわゆる胃カメラや大腸カメラなど)を用いて診断、治療をする検査部門で、消化器・IBDセンター、呼吸器病センター、消化器外科に所属する医師と内視鏡技師、看護師の協力のもと運営されています。アットホームな地域の総合病院でありながら、最新機器を揃え、高度な内視鏡の検査・治療を行っています。

専門性の高い最新の内視鏡治療を
一人一人の患者に合わせたテーラーメイド医療で行っています。

診療は非常に高度な診断・治療のできる、経験豊富な内視鏡学会の専門医や指導医があたっており、安全で、できるだけ苦痛のない治療を心がけています。
一人でも多くの患者さんに気軽にご受診いただきたいという思いから、当院ではかかりつけの患者さんでなくても内視鏡検査の受付をしております。まずは消化器・IBDセンター外来を受診していただき、ご予約ください。

また経験豊富な医師が大腸内視鏡検査を行うため、苦痛なく安全に内視鏡を奥まで進ませることができます。鎮静剤の使用もご希望によって使用いたします。さらに空気の代わりに炭酸ガス(二酸化炭素)を内視鏡検査中に送気できる機器を常備しておりますので、検査後の腹部の張り・不快感もすぐに解消されます。なお腸壁からすみやかに吸収された炭酸ガスは、呼吸によってすぐに体外へと排出されます。
さらに苦痛の少ない高度な内視鏡診断・治療を追求するだけでなく、一人一人の患者さんに何ができるのかを常に検討し、患者さんを中心にした医療(テーラーメイド医療)を心がけています。

大腸ポリープと大腸癌のポリペクトミー・EMR・ESDは
地域で屈指の件数を誇ります。

良性腫瘍(ポリープ)は大きくなるにつれて癌化することが多く、早期に発見し治療することが望まれます。
早期発見にはNBI(narrow band imaging) と呼ばれる特殊光による観察や、拡大内視鏡で癌やポリープの粘膜表面や毛細血管の異常が診断に役立ちます。

既に癌化していても粘膜にとどまっている状態なら内視鏡下粘膜切除術(EMR)や内視鏡下粘膜層剥離術(ESD)で根治できます。お腹を切らずに内視鏡で癌化した病変を切除するため、回復も早く、体への負担が少なく、患者さんのことを考えた治療と考えられます。 また2017年11月よりコールド・ポリペクトミー(電気を使って切除しなくてもよい小さなポリープ)に限って、外来ポリペクトミーも行っております。早期胃癌に対しても、EMRやESDの経験豊富な医師が行います。

消化管・肝胆膵全般にわたる疾患に 内視鏡治療を行っております。

ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査)による、総胆管結石に対する内視鏡治療も積極的に行っています。お腹を切らないで総胆管内の胆石をESTやEPBDで治療しています。さらに胆道腫瘍等による黄疸にも、胆管ドレナージ術や胆管ステント留置術を内視鏡で行っております。
また、特殊な治療として、小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術を得意としており、多くの炎症性腸疾患(特にクローン病)患者さんの紹介をいただき治療を行っております。

内視鏡件数(2015~2017)

上部検査・治療

上部検査・治療 件数
胃内視鏡検査

7496

EIS・EVL

38

食道狭窄拡張術

26

止血術

72

EMR

30

ESD

87

胃瘻(ろう)造設

43

胃瘻(ろう)交換

195

異物除去術

31

十二指腸ステント留置術

9

総数

8034

下部検査・治療

下部検査・治療 件数
大腸内視鏡検査

5162

ポリペクトミー・EMR

1257

大腸ESD

9

大腸ステント留置術

2

止血術

49

異物除去術

2

小腸・結腸狭窄拡張術

84

総数

8,027

胆・膵

胆・膵 件数
ERCP

31

内視鏡的胆道結石除去術(砕石・採石)

11

内視鏡的乳頭括約筋切開術(砕石・砕石含む)

35

内視鏡的胆管ドレナージ

121

内視鏡的金属ステント留置術

45

総数

243

小腸

小腸 件数
シングルバルーン内視鏡

113

カプセル内視鏡

35

総数

148

気管支

気管支 件数
気管支鏡検査

121

胸腔鏡検査

57

経気管支肺生検

173

総数

351

担当医師

「患者さんを中心にした高度な内視鏡診断・治療を提供できる光学診療部として地域ナンバーワンを目指しております。」

吉田 篤史
光学診療部部長

● 専門分野/ IBD担当医、内視鏡、消化器全般

・2000年 高知大学医学部卒
・日本内科学会 認定内科医
・日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・学術評議員
・日本消化器内視鏡学会関東支部評議員
・日本消化器病学会専門医・指導医
・日本消化器病学会関東支部評議員
・日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
・米国消化器学会(ACG)会員
・PEG・在宅医療学会代議員
・PEG・在宅医療学会専門胃瘻造設者・専門胃瘻管理者

【内視鏡担当】黒木 優一郎(非常勤)

・1999年 昭和大学医学部卒
・日本内科学会総合内科専門医
・日本消化器病学会専門医・指導医
・日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
・日本消化管学会専門医・指導医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・現 昭和大学藤が丘病院講師

大船中央病院ご案内

大船中央病院

Tel: 0467-45-2111

予約変更専用ダイヤル

Tel: 0467-50-0311